スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2018年10月19日

英FTSEラッセル中国資本市場が外資に人気となる理由は?


インデックス開発大手英FTSEラッセルはこのほど、中国上場の人民元建て株式(A株)をグローバル株価指数シリーズに盛り込み、「Secondary Emerging(2次的新興)」市場に分類されると発表した。「FTSE China A Stock Connect All Cap Index」に盛り込まれた銘柄は時価総額の25%を投資できるようになる。新華社が報じた。


世界最大の指数サービス企業MSCIに続いて、第2位のFTSEラッセルも旗艦指数に組み入れることになり、中国の資本市場開放の新たな成果となった。


FTSEラッセルのマーク?メークピース最高経営責任者(CEO)は、「中国のA株が新興市場指数に盛り込まれるようになるということは、中国の資本市場がここ数十年、その地位を向上させてきたことのほか、中国の株式市場が進歩していることを示している」と評価している。


近年、中国の資本市場の積極的な変化が外資の注目の的となっている。


例えば、投資家の構造の変化だ。基金管理会社?華安基金の指数?クオンツ投資部の許之彦?経理は、「過去3年、中国の資本市場の機構投資家の割合は数ポイント上昇した。今後も加速して上昇する見込みで、現在、中国の資本市場は薄いから厚い、浅いから深い、個人から機構への変化を経験している」との見方を示す。


適格国外機関投資家(QFII)、適格国内機関投資家(QDII)、人民元適格海外機関投資家(RQFII)の投資認可額上限が段階的に引き上げられるにつれ、「滬港通」( 上海?香港?ストック?コネクト)や「深港通(深セン?香港ストック?コネクト)などの株式相互取引が実施されるようになり、中国の資本市場の開放拡大が続いている。そして、MSCIだけでなく、多くの国際機構の間で、中国の資本市場は人気となっている。


世界最大級の投資信託運用会社?米「バンガード」で中国エリアを統括する林暁東氏は、「世界2位のエコノミーである中国は、世界の投資において不可欠な部分。当社は2015年6月に、A株を、世界新興市場指数基金に盛り込んだ。今年8月の時点で、中国の資本市場で、1900社以上を配置し、その時価総額は約45億ドルに達している」と説明する。

  


Posted by 不再為彼此落淚 at 12:56Comments(0)新聞